ウーマン

冬場に発生が多い

辛そうな女性

特徴を理解しよう

ノロウイルスによる食中毒、感染性胃腸炎は年間を通して発生していますが、特に冬場に起こりやすいのが特徴的です。感染は食品や人の手指を介することが多く、激しい下痢や嘔吐などの症状を引き起こします。ノロウイルスは人の腸管内のみで増殖することも特徴的で、その大きさも細菌と比べてかなり小さくなっています。家庭での対策としては、まずは食品はしっかり加熱することが大事です。冬場は牡蠣は特に美味しく食べられる時期ですが、生食することは避け、予防対策としては中心部までしっかりと加熱したものを食べるようにしましょう。感染が起こりやすい場所も知っておきたいですが、まずは学校や幼稚園などで集団感染することも多いですし、飲食店、旅館など食べ物に関する場所、人が多く集まる場所が発生しやすくなっています。

手洗いもしっかり行おう

ノロウイルスは食品から感染することが多いので、加熱はしっかり行っていきたいですが、調理施設などでは調理担当者の手洗いが十分でに行われていない、衛生面に問題があるなどで感染を広げてしまうこともありますので、対策としても手洗いや施設の洗浄などはしっかりと行っておくことも大切です。さらにノロウイルスは飛沫感染や接触感染もありますので嘔吐物などは適切に処理し、その後の手洗いなどもしっかり行っておきましょう。ドアノブや手すり、トイレなどは頻繁に手で触れるところですし、家庭内でも共有する場所ですので、こうした部位もアルコール消毒などを行っておくこともおすすめです。感染中に学校や会社に行ってしまうと感染を他の人に広めてしまうことになりますので、対策としても出席せず、自宅で休養を心がけましょう。