ウーマン

生活の中での対処

ウィルス

うがい手洗い

インフルエンザの季節にはたくさんの対策法がニュースで流れますが、一番基本的なことはあまり変わりません。それはうがい手洗い早めの休息を心がけることです。特に寒い冬の時期は、帰って来て冷たい水でうがいや手洗いはしたくないという考えからしない人たちも多くなりましたが、これを怠ると外で身についた病原菌を体の中に浸透させるどころか家の中にまで持ち込んでしまうという状況を作ってしまいがちです。そのためこれだけは必ずしてもらうよう家族に徹底することが大切です。子供は特に集団行動で病原菌をもらいやすい立場にあります。そのためこれだけでは足りないと考えて、親の中には、手洗い後消毒液をさせる親もいますが、これもインフルエンザ対策で効果的です。

早めの休息とマスク

インフルエンザ対策の一つに、早めに休むこともあります。夜遅くまで起きていると、それこそ体力を消耗します。免疫力を低下させたまま、病原菌の多い、学校や、職場に行くとインフルエンザの菌は免疫力が低下している人が好みなので、すぐに体に入り込み、発症を促します。それを防ぐためにも、早めに休んで、体力を温存させることはとても大切なことです。この他に、マスクをして職場や学校にいくこともあります。通勤通学途中に電車やバスを使うなら、かならず人混みの中を歩くので、そうしたところにいる病原菌をなるべく吸い込まないようにマスク持参で行くことで、インフルエンザ対策の一つとなります。マスクは布ではなく使い捨ての方が、清潔です。