ウーマン

冬に気を付けたいウイルス

サージカルマスク

吐き気と下痢が同時に出た

冬になるとよく感染流行の話を聞くノロウイルスですが、毎年11〜1月に流行する感染性胃腸炎の原因となるウイルスのことを言い、主に人の手や食品などを介して感染し、嘔吐、下痢、腹痛などの症状を同時に引き起こします。よく感染した方が数十分おきに嘔吐と下痢を繰り返すのでトイレから出られない、どちらも同時にくるから間に合わないなど、苦しい症状を訴えていますが、残念ながらノロウイルスの治療薬や予防のワクチンはありません。また抵抗力の弱い子供やお年寄りは吐いた物を喉に詰まらせたり、肺に入って肺炎を起こして死亡してしまったケースもありますので、症状が出た時には注意が必要です。恐ろしいことに感染力も非常に強く、感染者の嘔吐物や便などに含まれるウイルスのうちわずか10〜100個程度でも人に感染すると言われていますし、免疫もつかないため一度かかったらもう大丈夫とはいかない点にも気を付けないと再発の恐れがあります。

感染しないために

感染してしまうと非常に辛い症状が出て数日を過ごすことになりますので、まずはノロウイルスにならないように予防することが大切ですが基本はやはり手洗いです。これはどのウイルスにも言えることですが、特に外からの帰宅時とトイレ後は手に細菌が付着しているため石鹸や消毒液で清潔にしなければなりませんし。またノロウイルスの主な発生場所が飲食店と言われていますので、食べ物を介してノロウイルスに感染してしまうことを防ぐためにも食事前の手洗いがいかに大事かお分かり頂けるはずです。また食品はしっかり加熱することも大切で、もしウイルスが付着していても85〜90℃で90秒以上加熱することで大抵のウイルスは死滅しますので安心です。また生ものなどを調理したキッチンや調理器具の消毒も非常に大切で洗剤などを使用して十分に洗浄した後にアルコール除菌したりですとか、85℃以上の熱湯で1分以上加熱することも有効な手段です。手洗いなどでしっかり除菌するなど基本的なことばかりですが、嘔吐や下痢などの症状で苦しまないためにもぜひ徹底してみて下さい。